HMBという言葉をご存じでしょうか?

HMBとは最近注目されている、筋肉作りにかかせない成分のことです。

プロテインによく似ていますが、プロテインと違うところは運動しなくても筋肉を維持してくれるというところです。

それならプロテインを止めてHMBを飲めばいいのでしょうか?それとも人によってはプロテインのほうがいいのでしょうか?

HMBとプロテインはどちらがいいのか?

また、併用しても大丈夫なのかどうかを説明したいと思います。

そもそもHMBとプロテインの違いは?

HMBはもともと体内の存在しており、食事に含まれてるタンパク質からも作れますが、合成量は微量です。

必須アミノ酸のサプリを取っても、その中のHMBはほんの少しです。なのでHMBじたいを採るのが筋肉作りにもっとも効果的なのです。

そしてHMBは筋トレをしなくても筋肉を持続させてくれますし、筋トレをすればもちろん筋肉アップにつながります。

HMBとは、筋肉のタンパク質を作るという命令ができる成分なのです。

プロテインにも同じことが言えるのですが、決定的な違いはプロテインの成分にHMBが含まれているということです。

プロテインの中にはHMBや様々なアミノ酸が含まれているので、筋肉を作るタンパク質の材料となっています。

ですのでプロテインを飲んだだけでは筋肉も持続できません。プロテインは筋トレをしてこそ効果が出るものなのです。

HMBとプロテインのどちらがいいのか?

人間の体はタンパク質を作りだせないので、食べるもので接種しなくてはいけません。それがプロテインやHMBです。

タンパク質はいくつかのアミノ酸からできています。

アミノ酸が一つでも足らないとタンパク質にならないので、プロテインの力を借りることになります。

プロテインにはタンパク質だけでなく、人間の体に必要不可欠な栄養素もバランスよく含まれています。

ですので栄養バランスのよい食事を採れている方にはプロテインは不要であり、採れてないかたにはプロテインが必要となります。

食事内容がしっかりしているかたでしたらタンパク質も摂取できているのでHMBでよいのです。

単純に考えるとHMBは筋肉を作るためだけのもので、プロテインは筋肉作りプラス栄養といったものです。

筋肉作りだけでなく、太れなくて悩んでいるかたにもプロテインはおすすめですよ。

筋肉アップだけを考えるとHMBがいいのですが、HMBとプロテインのどちらがいいのかは、人によって違います。目的によって飲み分けることが大切なのです。

しかし現在ではまだHMBの知名度が低いのでプロテインを選ぶという方も居ることでしょう。

海外ではHMBの効果が知られているみたいですが、やはり馴染みのある方を飲んでしまう人も要ると思います。

そういう方も筋肉を作りたいならば一度HMBにチャレンジしてみてください。

HMBとプロテインは併用してもいいの?

プロテインの中にHMBが含まれているので、プロテインを飲めば併用しているのと同じことになりますね。

しかしタンパク質も採りすぎては体脂肪に変換されてしまって太るだけなのです。

摂取した全てが筋肉作りに役立つわけではなく、過剰に摂取したタンパク質はカロリーになり太ります。

毎日の筋トレで大量にカロリーを消費しているかたならいいのですが、それ以外のかたは併用は避けたほうがよいと思います。

自分が求める体や食生活を考えて、どちらかを摂取するのをおすすめします。一日の許容量を超えないように気をつけてください。

まとめ

HMBとプロテインは似て非なるものなので、ご自分の運動量や食事内容、なりたい体などを考えつつ摂取していくのがよいと思います。

タンパク質は筋肉作りにかかせないものですが、採りすぎないようにご注意ください。