運動すると翌日以降に出てくるのが筋肉痛です。

筋肉痛は頑張って運動した証拠なのですが、ひどい場合は日常生活に支障をもたらします。

少しの痛みなら運動したという満足感も得られますが、できることなら避けたい痛みですね。

運動後の筋肉痛じたいを防ぐことはできませんが、できるだけ早く治す方法ならいくつかあります。

できるだけ早く筋肉痛を治して、痛みの無い生活を取り戻しましょう。では、筋肉痛を治す方法をご紹介します。

筋肉痛には何故なるの?

筋肉痛というのは筋肉を使ったからこそなります。

ですので、筋トレ初心者などが筋肉痛になるのは、ちゃんと筋肉を使えているという証拠にもなって本来ならうれしいものなのです。

しかし痛みが出るというのがやっかいで、それが激しいものなら生活にも支障が出てしまいますね。

筋肉痛が起こる根本的な原因というのは一つではありません。

運動をしたことで筋肉が断裂してしまい、回復する段階で炎症が起きると筋膜が刺激されます。

この筋膜が刺激された時の痛みを筋肉痛と呼ぶこともあります。

また、運動によって蓄積された乳酸という疲労物質が原因となることもあります。

運動の量によって乳酸もどんどんたまっていくのですが、代謝が間に合わなくなることがあります。

乳酸は筋肉に蓄積されていき、そのうち筋肉を固くしてしまいます。

その時に神経を刺激してしまい、筋肉痛の原因となる炎症や痛みを起こすのです。

筋肉痛を早く治す方法とは?

筋肉痛を早く治すのに、もっとも簡単な方法は冷やすことです。

これは運動直後が効果的なのですが、血流を抑制して痛みを伝達させる神経を麻痺させるのです。

保冷材や冷却スプレーなどで冷やすのもいいですが、シャワーを浴びるのもいいですね。

1日に何回か冷やすのが良いとされています。

痛みが和らいできたら次は患部を温めてください。ぬるめのお風呂にのんびりつかるというのがおすすめです。

筋肉痛の部分を温めると、血流が良くなって蓄積されていた乳酸が早く輩出できるようになります。

乳酸が排出されると新陳代謝がよくなるので疲労の回復も早くなるのです。

患部を冷やしたり温めたりするのを交互に行うとより効果的です。

毛細血管が刺激されて血流がよくなりますので、温めるだけよりも早く乳酸を排出してくれるのです。

ただし体に負担のかかる方法なので、高血圧や心臓の弱いかたは避けたほうが賢明です。

マッサージやストレッチ、運動で体をほぐすのも効果的です。この時はゆっくりした動きや軽い力で、けっして無理はしない程度に行ってください。

のんびりと筋肉を伸ばす程度でよいでしょう。

食べ物にも筋肉痛を改善してくれるものがあります。

肉や魚などのタンパク質、ビタミンB1、B6を含んだウナギやにんにく、柑橘類や大豆などです。

筋肉痛の改善によいからといって、これらだけを摂取すると体によくありません。なによりもバランスよく食べることが効果的なのです。

食事をバランスよく採ることが難しいかたはサプリを活用してもいいですね。

あとは睡眠をたっぷりとって休息しましょう。

筋肉痛を少しでも予防するには

運動する限り筋肉痛は避けられません。ですが、少しでもならないようにする方法があります。

まずは運動したらすぐに冷やすことです。筋肉痛が起きる前にできるだけ冷やすことが大切です。

ストレッチもマッサージも、運動したらすぐに行ってみましょう。運動中にこまめに水分をとることも大切です。

血液の濃度が上がると乳酸もたまりやすくなるため、こまめに水分を採りましょう。

そして運動前には急に体に負荷がかからないように準備運動を行ってください準備運動は体内の老廃物を排出するためにもおすすめです。

運動後もすぐに休むのではなく、少しずつ運動の量を減らしていって、急に止めないようにしましょう。

急に止めると血流が悪くなり心臓に負担がかかってしまいます。

まとめ

筋肉痛を治す前に、まずなりにくい状態にすることが大切です。運動前に十分なストレッチと準備運動を行ってみましょう。

そして運動後にもマッサージやストレッチ、筋肉を冷やすなどして労わりましょう。

筋肉痛が起きてもまずは冷やして、痛みが和らいだら温めてください。

あとは十分な睡眠とバランスのよい食事を心がければよいと思います。