筋肉を増量するために毎日運動しているかたも多いと思います。

筋肉を増量したい理由としては、服をお洒落に着こなしたい、痩せたい、健康になりたいなどいろいろあると思います。

ですが運動して筋肉を増量するには時間がかかりますね。

筋肉を増量するには食事にも気を使ったほうがいいのです。

今までと同じ食事内容ではなかなか効果もでにくいので、一度見直してみませんか?

今回は筋肉を増量するための食事についてご紹介いたします。

筋肉と食事の量

筋肉を増やそうとして単純にたくさん食べてしまっては、脂肪も増えてしまいます。

筋肉だけを増やすには、少しずつ食事の量を増やすべきなのです。

このやりかたですと、食事の量が増えるにつれ体重も増えていきますが、急に脂肪がつくことはないのです。

脂肪がつかず体重だけを増やすように、少しずつ食事を増やしていきましょう。

また、忙しくても食事は抜かないように気をつけてください。

筋肉を増量したい人は運動でカロリーを消費しているので、接種カロリーが下回ると体重が減ってしまう可能性があるのです。

ダイエットをしているかたは体重が減ると嬉しいかもしれませんが、筋肉が減ってしまうとリバウンドしやすくなるのです。

筋肉の増量はダイエットにも効果的なので、食事の量は減らさないように気をつけてください。

忙しい時はせめて栄養ドリンクや果物を口にするようにお願いいたします。

筋肉を増量するための食事内容

筋肉を増量したくても、食べられる食事の量には限度がありますね。

効率的に筋肉を増やすには食事内容を考えてみましょう。

筋肉増量にはタンパク質がいいと聞いたことはありませんか?

タンパク質は取り入れやすい食材ですが、単品で食べるよりもビタミンBと一緒に採るほうがいいのです。

ビタミンBはタンパク質の代謝に欠かせないものですので、筋肉をつくるには効率がよいのです。

植物性のタンパク質よりも動物性のタンパク質の方が筋肉になりやすいです。植物性の代表は豆類、動物性の代表は魚と肉です。

肉のおすすめは牛ヒレなのですが、比較的高価なので続けやすさでいえば牛モモや鶏肉でしょうか。

鶏肉の場合は必ず皮をはいで召し上がってください。

魚はサバや鮭、マグロなどがおすすめです。イカやタコもよいのでお刺身で接種できるのがいいですね。

植物性タンパク質よりも動物性タンパク質のほうが筋肉がつくと言いましたが、植物性のほうがお好みでしたらこちらを摂取してください。

動物性タンパク質ばかりだと体臭もしてきますし、栄養バランスが偏ってきてしまいます。やはりバランスを見ながらの食事を摂ることをおすすめします。

また、タンパク質は一度に大量に代謝できないので、こまめに採ることが大切です。

採りすぎるお体脂肪の増加につながってしまうので気をつけてください。タンパク質は筋肉の増量にいいだけでなく、体をうごかすためにも重要な役割をもっています。

いかに効率よくタンパク質を採るかが大切なのです。

タンパク質の注意点

筋肉を増量するために世間にはいろいろなサプリメントが販売されています。

これらを活用するのもいいですが、できるだけ食事から栄養を採っていきましょう。

そして摂取しすぎると腎臓に負担がかかってしまうので、ご自身の体重を元に一日の摂取量を計算してみてください。

また肉の脂身や皮は食べない、揚げ物にはしないなど、調理方法にも工夫してください。シンプルな味付けと調理方法が一番です。

毎日タンパク質を摂取しようとしても難しいので、時にはプロテインも活用してみるのもいですね。最近はいろんな味が出ているので、自分の好みのものがみつかるとおもいます。

まとめ

タンパク質は筋肉の増量に欠かせない栄養素ですが、その内容と量に注意していかなくてはいけません。

また、タンパク質メインの食事では飽きてしまうので、たまにはご自分の好きな物を食べて毎日ストレスの無いように生活していきましょう。