プロのアスリートやトレーナー向けに作られたHMBサプリであるキレマッスル。

カラダを鍛えている方たちの間で、とても話題になっています。

このキレマッスルに含まれている成分クレアチンも今とても注目されています。

クレアチンとはいったいどういった成分なのでしょうか?

クレアチンとは?

もともとわたしたちのカラダにも存在しているアミノ酸のひとつになります。

わたしたちは、ATPというものをエネルギーとして使用しています。

ATPは、脂肪や糖分をモトに作られています。

また、強度の高い運動をおこなうときは、クレアチンリン酸がこのATPを作るのです。

カラダの中にATPが余分に残っているときは、ATPがクレアチンと結合し、クレアチンリン酸が生成されます。

ですから、クレアチンがカラダの中にたくさんあればあるほど、多くクレアチンリン酸をカラダの中に貯めておくことができるのです。

クレアチンにはどんな効果がある?

短距離のダッシュや、ボールを最速で投げる時、ボールを素早くキャッチするときやゴルフのドライバーを振り切ってスイングする時など、強度が高い運動を行うときにその運動能力をより高めてくれる役割を担ってくれるのが、クレアチンなのです。

ですから、試合前にプロのアスリートが、パフォーマンスを向上させるために摂取することも多いようです。

クレアチンを摂取すれば、そのぶん本来よりも高い力を発揮することができるのです!

キレマッスルにはクレアチンが配合されてますから、このような効果も期待できますね。

※クレアチンは効率よくサプリで摂ろう!
クレアチンはもともとわたしたちのカラダの中でも作られますし、赤身肉や魚などにも含まれているので、食品から摂ることも可能です。

しかし、運動パフォーマンスを最大限に引き出すことを目的とした場合などは、食品からのクレアチン摂取だけではまったく足りません。

ですから、効率よくクレアチンを摂取するためには、サプリメントから摂るという方法がもっとも最適といえます。

キレマッスルには、クレアチンが配合されているので効率よく摂取することができますね。

クレアチンの吸収を上げるには?

クレアチンが吸収されるには、インスリンが必要です。

インスリンは食後に分泌されますから、食後にクレアチンを摂ると、吸収率を上げることができます。

また、運動により、筋肉が収縮しているときも、クレアチンの吸収率を上げてくれるので、トレーニング中やトレーニング終了後にクレアチンを摂るのもおすすめです。

クレアチンが配合されているキレマッスルは、食後やトレーニング後に飲むのもよいということになりますね。

まとめ

キレマッスルには、HMBをはじめ、さまざまな効果が期待できる成分がバランスよく配合されていますが、今回はその成分のひとつであるクレアチンについて詳しくみてきました。

運動能力を本来以上のパワーを発揮する手伝いをしてくれるという、すばらしい成分であるということがわかりましたね。

普段の筋トレやトレーニングも向上すること間違いなしです。

これからもキレマッスルを飲みながら、トレーニングを続けましょう!

>>キレマッスル公式サイトはコチラ